ちゅらさん祭り&小浜節大会@小浜島(2003/3/23)

やったー!「美らさんまつり」もう最高に満足でした!
トップと言う大切な役割だったので、言葉に気をつけトチらないように頑張ったつもりが、緊張しすぎて何を話したのか記憶になく、終わってから「よかったよー。最高さー。」と言われ思わずホッとしました。地元からは三線早弾き二年連続受賞のヒコちやんこと川門雅彦と、キクちゃんがバックで応援してくれて、さらにコーラスには四人の美男美女が加わり、トップとしての役割をなんとかはたせたのではと思ってます。皆に感謝です。

その後も、島の踊り四つ竹の笛を吹いたり、フィナーレーのかちゃしー(ヒコちゃんの早弾き)の太鼓をたたいたり、、、だんだんとこの祭りが自分の祭りのようにおもえたりして、大興奮サー。 2200人もの中から水牛をわざわざ探して、握手をしにくてくれる人もあったりで、本当に、ブラックスターになった気分でした。

小浜島に生まれ、素敵な先輩達の教え、ならわし、つちだきくおさん始め、美らさんスタッフの皆様のお陰と本当に、心より「しかぃっとぅから、みいはいゆー」。そして愛する家族、かあーちゃん、「しかぃっとぅから、みいはいゆー」、、、

その日の午後、小浜の港は人人でごったがえし、あっちでわいわい、こっ ちでわいわいと、まるで歩行者天国のように賑わい、けんしろう一行もうーろんちやー(注:ウーロン茶)の缶をこじあけ、酒を入れ、サンシン弾きながら船が来るのを「♪ひやまった、どんみかち、ぶどらばそんそん、はいや、しつたこりゃー」と港に人がいなくなり、ちんだー(太陽)沈み、声がつぶれるまで続けました。そして人々が去った静かな港をあとに、美らさん祭りの幕がおりていきました。この時は出演者ではなく小浜島青年会の一人として思いました。皆様本当にありがとうございました。

素晴らしい機会にめぐまれ大変感謝・みーはいゆー。

小浜島の水牛・けんしろう



 
小浜の水牛・松竹けんしろうの「水牛のシマ」
inserted by FC2 system